2014年12月26日

審美歯科の保険外差し歯オールセラミックの料金とメタルボンドとの比較

審美歯科では、虫歯をけずるだけでなく、よりきれいに治すことを考えてくれます。

人間の歯は白いために、口の中に1本でも銀歯があると、とても目立ってしまいます。せっかく治療するのであれば、銀歯ではなく、より美しく白いかぶせものを選ぶのが審美歯科です。

審美歯科で使われる、白いかぶせものは大きく分けて2つあります。オールセラミックとメタルボンドです。

保険外治療の差し歯オールセラミックとは、その名の通り、全てセラミックからできたかぶせものです。
自然な光を通過するために、透明感あふれる自然な歯を作ることができます。また金属を一切使わないので、金属アレルギーの患者さんでも安心して使える材料です。歯茎とのなじみもいいのでかぶせものとの境目は自然です。

ただかみ合わせの力には耐えられるのですが、横の力に弱いので歯ぎしりのある患者さんには使えません。
保険が適用されないので、1本あたりにかかる料金は8〜15万円ほどになります。

メタルボンドとは、金属の枠組みにセラミックを焼き付けることによって作られたかぶせものです。
表面はセラミックなので、自然な白さを持っています。内面に金属が使われているので、強度があり、ほとんどの患者さんに使うことができます。

しかし、長期間使うことで金属が溶けだしてしまい、歯茎は黒くなってしまうことがあります。
また金属があるので透過性はよくなく、オールセラミックに比べると透明感が少ないです。この材料も保険が適用されないため、1本あたりの料金は8〜15万円ほどかかります。

このように、審美歯科では保険外治療の差し歯オールセラミックとメタルボンドという異なるものを、患者さんのお口の中に合わせて使っています。
料金はどちらもほとんど変わりませんが、歯ぎしりやかみ合わせによって希望したものが入らない場合があります。

両方とも1回目の治療で削り、2回目の治療でかぶせものを装着するので、最短で2回の治療で終わることができます。

posted by ゆうみ at 08:25 | Comment(0) | 保険外差し歯の料金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

審美歯科のセラミックによる治療方法の種類

歯を綺麗に見せるために普段からしっかり歯のお手入れを心がけている方はとても多いとされています。

毎日のお手入れは美容効果だけではなく、健康面にもかかわってきますので若い女性を中心に、外出先でも気軽に使用できる携帯用の電動歯ブラシなども、毎日の美容アイテムとして人気になってきているほどです。

多くの方は有名人や芸能人の白くて綺麗な歯にしたいと使用する歯ブラシや、歯磨き粉などを選んでケアをしている場合が多いのですが、自宅で行える歯のケアには限界があり、虫歯や歯周病を未然に防止することはできても、習慣的に行っている喫煙やワイン、コーヒーなどを飲むことで歯が黄色く黄ばんでしまっている歯を綺麗にすることは不可能だといわれています。
無理に強い力でブラッシングをしてしまうと、歯のエナメル質がはがれてしまう恐れがありますので、自分で色素沈着を起こした歯を白くすることは不可能なのです。

そこで審美歯科で行われているホワイトニングケアやセラミック治療が効果的になってきます。ホワイトニングケアは元の黄ばんでしまった歯の色素分解をレーザー照射を利用して行う事で、歯に負担をかけることなく黄ばみを綺麗に落とすことが出来るメリットがありますが、完全に白い歯にすることはできないので、美白効果を実感しにくい恐れがあります。

インプラントは誰もが聞いたことのある歯科治療のうちのひとつではないでしょうか?料金が大変高額になるのですが、インプラントに保険が適用される条件を満たせば保険適用になるケースもあるようです。

保険外の差し歯であるオールセラミック治療は前歯を削り、陶器で出来ているセラミッククラウンの差し歯を利用することで、白く綺麗な歯にすることが出来るのです。クラウンには数多くの種類がありますが、一般的なレジン製のクラウンに比べて、審美歯科で取り扱っているセラミック製クラウンは、数多くの種類の中でも歯の素材に近いため、装着しても不自然な感じにならないメリットがあります。ただ審美歯科の治療は保険診療外の場合が大半なので、自費診療で高額の治療費が必要になる恐れがあります。そのことを頭に入れて審美歯科を利用することが大切になってくるのです。

保険外の差し歯の一つであるインプラントという治療法であれば見た目も機能性も大変クオリティの高いものにすることができますが、料金が高いということや治療期間が長いといったデメリットもあります。
料金に関しては保険が適用されるケースもあるようです、詳しくはこちらのブログのインプラントの保険が適用される条件の記事をご覧ください。
posted by ゆうみ at 08:16 | Comment(0) | 保険外差し歯の料金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする