2014年12月26日

審美歯科のオールセラミック!料金の安い医院はどこ?

金属や混ぜ物を使用しないで歯を白くするなら、審美歯科のオールセラミックが有効です。
保険外の差し歯であるオールセラミックは審美歯科の自由診療ですから料金は高額になりますが、金属アレルギーを心配しなくていいなどメリットの多い治療法です。

その治療法は、歯の表面を削ってそこにセラミック製のラミネートベニヤを貼り付けるという方法です。非常にシンプルな治療法ですが、セラミックブリッジで抜歯した部分にも対応することができます。
治療の完成度は医師の技術に左右されるところがありますので、治療を受ける医院を選ぶときは、医師や技工士の技術レベルもチェックしなければなりません。

オールセラミックはさまざまな用途に活用することができます。
前歯の形及び歯並びを整えたいとき、今入れてる補綴物に悩みがあるとき、歯の変色が気になるとき、金属アレルギーがあるときなどです。

審美歯科での自由診療になりますので、料金については保険治療より負担が大きくなります。
自由診療の場合かかる費用は医院ごとに違いますが、一度に支払えない場合はローンで支払うことになります。
安い医院を探すならできるだけ競争の激しい都市部で探すのが有効です。
さて、オールセラミックを受けることを考えるとき、その長所と短所について知っておくのは良いことです。
例えば長所には、治療期間が短いこと、光を透過して仕上がりが自然に見えること、色素が付きにくいこと、歯の形を変えられることがあります。

さらに、治療できる審美歯科が多いこと、歯の寿命を長くできること、歯垢がつきにくいことなどもメリットになります。
一方デメリットは、歯と歯茎の自然な変化で治療部分が目立つようになること、歯列を整える効果は小さいこと、費用負担が大きいことなどがあります。
デメリットよりメリットのほうが多いように見受けられますが、治療前には両者をバランスよく検討しておく必要があります。

治療期間は口の状態によって変わります。
期間は2〜4週間、通院回数は2〜3回程度が目安ですが、それ以外の治療が必要な場合は期間が長くなります。

posted by ゆうみ at 21:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

審美歯科で虫歯の跡を保険外の差し歯オールセラミックできれいに

虫歯は一度なってしまうと自然に治ることはありません。治療しないとどんどん進行してしまう病気です。

虫歯になっている所が小さければその部分だけを削って小さな詰め物をするだけで治すことができますが、大きいと神経を取る必要があり治療回数もかかってしまいます。

しかし治療によって治っても、詰め物やかぶせものは変色して自分の歯ではないことがわかるようになってしまいます。小さな詰め物は自分の歯との段差が出てきたりすることもあります。詰め物やかぶせものなどの虫歯の治療跡は、意外と目立ちます。

審美歯科では、このような治療跡を保険適用外の差し歯オールセラミックを使うことできれいにすることができます。オールセラミックとは、セラミックという素材でできたかぶせもので、透明感があり、色も自然なので、自分の歯と比べてもわからないほどです。金属を使わないので蛍光灯の下だけでなく太陽光の下でも光を通し、自然で美しい歯にすることができます。

審美歯科とは、一般の歯科医院より審美性を求めた歯科医院。ですのでお口の中の見た目をより美しく治療してくれます。

保険外の差し歯オールセラミックもそのための素材です。
今までは、プラスチックなどで歯のかぶせものを作っていましたが、どうしても強度が足りず噛みあわせの力に負けて割れてしまうことがありました。

またプラスチックは最初のうちはいいのですが、吸水性があるので茶渋などを吸ってだんだん色が濃くなってしまうデメリットがあります。

しかし、オールセラミックではこのようなデメリットがありません。
セラミックは変色しにくい素材で尚且つ強度に優れているので、人間の噛む力にも耐えることができるのです。

審美歯科では、このオールセラミックを使うことでよりきれいな口元にしてくれます。
保険外の差し歯の治療は料金が通常より高くなりますが、虫歯の治療跡をきれいにするだけでなく歯の形や色も希望した通りに治すことができるので、元の歯より美しい状態へと変えることもできるのです。

posted by ゆうみ at 10:00 | Comment(0) | 保険外差し歯の料金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

保険外の差し歯オールセラミックの料金が安い審美歯科はどこ?

審美歯科で歯を白くするなら、オールセラミックやメタルボンドを利用することができます。

どちらも審美歯科の自由診療なので保険が適用外の差し歯ですから、利用するなら料金は高額になります。そして治療にはどちらもメリット・デメリットがあることを知っておかなければなりません。とりわけ料金のことを気にされる方は少なくないでしょう。

普通の保険治療なら料金の分担ができますが、自由診療の審美歯科では料金の分担はできません。つまり、発生する費用は全て自己負担ということになります。負担に備えて予算を立てることが求められますし、十分な資金計画、場合によってはローンを組むことを考えなければならなくなります。安い審美歯科を探すならできるだけ競争の激しいところがいいでしょう。東京や大阪などは激戦区になりますから、それだけ価格競争が起きやすくなります。また治療費に関しては、治療費ドットコムでリサーチすることもできますし、口コミや比較サイトを参考にすることもできます。
前歯を2本インプラントにする費用


さて、例えば審美歯科で保険外の差し歯、オールセラミックを利用する場合を考えてみましょう。
オールセラミックを受けるにあたって注意すべきなのは、この治療にはメリット・デメリットがあることです。その両方をバランスよく考えたうえで、自分に向いた治療かどうかを判断すべきです。オールセラミックのメリットは、透明感があって艶のある仕上がりになること、金属不使用で金属アレルギーの心配がないこと、色素が付きにくいことなどがあります。

通常の歯列矯正より早く治療が終わること、治療できる医院が多いこと、歯の寿命が長くなることもメリットになります。
デメリットは、治療費の負担が大きいこと、衝撃に弱いこと、虫歯治療のため作り直しが必要になること、素材が短期間で剥がれる可能性があることなどです。自由診療のため費用は医院ごとに違いがあります。また保証内容も医院ごとに違うため、注意深くチェックする必要があります。

治療の出来具合や完成度は医師の技術左右されるところがあります。したがって医院探しでは、料金に加えて医師の技術もチェックしなければなりません。
posted by ゆうみ at 08:27 | Comment(0) | 保険外差し歯の料金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする