2014年12月26日

保険外の差し歯オールセラミックの料金が安い審美歯科はどこ?

審美歯科で歯を白くするなら、オールセラミックやメタルボンドを利用することができます。

どちらも審美歯科の自由診療なので保険が適用外の差し歯ですから、利用するなら料金は高額になります。そして治療にはどちらもメリット・デメリットがあることを知っておかなければなりません。とりわけ料金のことを気にされる方は少なくないでしょう。

普通の保険治療なら料金の分担ができますが、自由診療の審美歯科では料金の分担はできません。つまり、発生する費用は全て自己負担ということになります。負担に備えて予算を立てることが求められますし、十分な資金計画、場合によってはローンを組むことを考えなければならなくなります。安い審美歯科を探すならできるだけ競争の激しいところがいいでしょう。東京や大阪などは激戦区になりますから、それだけ価格競争が起きやすくなります。また治療費に関しては、治療費ドットコムでリサーチすることもできますし、口コミや比較サイトを参考にすることもできます。
前歯を2本インプラントにする費用


さて、例えば審美歯科で保険外の差し歯、オールセラミックを利用する場合を考えてみましょう。
オールセラミックを受けるにあたって注意すべきなのは、この治療にはメリット・デメリットがあることです。その両方をバランスよく考えたうえで、自分に向いた治療かどうかを判断すべきです。オールセラミックのメリットは、透明感があって艶のある仕上がりになること、金属不使用で金属アレルギーの心配がないこと、色素が付きにくいことなどがあります。

通常の歯列矯正より早く治療が終わること、治療できる医院が多いこと、歯の寿命が長くなることもメリットになります。
デメリットは、治療費の負担が大きいこと、衝撃に弱いこと、虫歯治療のため作り直しが必要になること、素材が短期間で剥がれる可能性があることなどです。自由診療のため費用は医院ごとに違いがあります。また保証内容も医院ごとに違うため、注意深くチェックする必要があります。

治療の出来具合や完成度は医師の技術左右されるところがあります。したがって医院探しでは、料金に加えて医師の技術もチェックしなければなりません。
posted by ゆうみ at 08:27 | Comment(0) | 保険外差し歯の料金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: